音楽図書館協議会

contact

2019

0122

2018年度理事長館より

音楽図書館協議会は、大学図書館、資料館等からなる全国規模の連絡協議会です。加盟館は、交代でその役員を務め、活動に関わることになっています。音楽とその周辺を特に専門としている各機関は、日常業務の中で個別の課題に取り組みながら、情報共有の大切さを認識しています。音楽専門書のほか、楽譜や視聴覚資料を扱うことから、近年注目されている音楽著作権の問題なども、協議会としての共通認識を必要とする一例かもしれません。

平成30年度に理事長館を務める昭和音楽大学附属図書館では、特に学生や教員を利用者の中心とする研究機関の附属図書館として、また同時に地域に貢献する公的機関としての側面も視野に置きながら、さまざまな課題に取り組んでいます。11月の研修会では、視聴覚資料のデータベース利用をテーマとして扱いました。CDよりも音楽や映像のダウンロード利用が進んでいる傾向にある時代の図書館の役割を参加者の皆さんとともに考えることができたと思います。

今後も、加盟館同士の信頼関係に基づく相互連携を深め、充実した活動ができることを願っています。
(昭和音楽大学附属図書館 館長 酒巻 和子)