音楽図書館協議会

contact

2019

0312

明治学院大学図書館付属遠山一行記念日本近代音楽館


〒108-8636


東京都港区白金台1-2-37
HP:http://www.meijigakuin.ac.jp/library/amjm/


 


当館は日本の近代・現代音楽を対象とする唯一の専門資料館です。


2011年、日本近代音楽財団の資料を受け継ぎ、研究・教育支援を通じて音楽文化の振興に寄与することを目的に、大学図書館付属施設として開館しました。


日本の洋楽は150年に及ぶ歴史のなかで多くの優れた音楽家を生みだしてきましたが、音楽資(史)料の保存についてはながく十全とは言い難い状態にありました。この状況を憂えた楽壇有志たちによる近代音楽館設立運動には音楽図書館協議会も参画、1987年に旧日本近代音楽館が誕生しました。2010年に閉館するまでの旧音楽館の活動成果は、当館の基盤であり、指針ともなっています。


所蔵資料には、明治期以降の日本の洋楽に関する図書、雑誌、楽譜、録音資料などの出版物のほか、作曲家の自筆譜や研究者の蔵書、演奏家の活動記録などを収めたおよそ140の記念文庫があります。また、明治期より今日に至る国内の演奏会プログラムを収集し、明治期の新聞に報道された音楽関係記事索引「明治の洋楽データベース」を作成しています。